家 売る

どんな不動産会社がいいの?

家を借りる時や買う時は、なるべく多くの不動産屋を回り、多くの物件を見る事が大切です。ただし、家を売る際は、その限りではありません。むしろ、特定の1社と契約する方が利口だと言えるでしょう。何故なら、一般媒介契約ではなく、専任媒介契約で展開出来るからです。

 

一般媒介契約と専任媒介契約の違い

 

一般媒介契約というのは、複数の不動産屋に買い手を探してもらう作戦で、専任媒介契約というのは、1社だけに買い手を探してもらう作戦です。一見、前者の方が多くの人目に付いて優位なのではないかと思われるかも知れません。しかし、実際には、良心的な不動産屋とさえ取引き出来れば、その点は難なくクリア出来るのです。
何故なら、国土交通大臣が指定した「指定流通機構」が運営する不動産物件情報交換のためのデータベースシステム:Real Estate Information Network System、通称『レインズ』に登録してくれるからです。そして、ここに登録されれば、日本中の不動産会社が、常時、リアルタイムで売買物件の情報を見る事が出来ます。つまり、この辺りで家を探している人がいて、手持ちにめぼしい物件がない場合などには、ここから探して紹介するという事もしばしばなのです。
しかも、専任媒介契約を結ぶと、このレインズへの登録が義務付けられます。逆に、一般媒介契約では、登録されない可能性もありますので、むしろ不利になると言えるでしょう。さらに、大手に拘らず、地元の中小不動産屋と契約しても全国規模で買い手を募れる事になります。

 

大手と中小の違い

 

基本的に大手不動産会社は、人手も予算もそれなりにありますから、安心して頼れるという部分は否めません。ただ、地元密着型で長年営業しているような中小の不動産屋の方が、場所によっては優位という事もあります。サザエさんに出て来る花沢不動産のような地元の知識と信頼と人情に厚い店もあるという事です。

 

その一方で、やはり能力不足や資金不足が否めず、安心して任せられない不動産屋が少なくないのもまた、まぎれもない事実です。加えて、貪欲な悪徳業者も多数紛れ込んでいますから、十分気を付けなければなりません。
とは言え、大手はどこもかしこも、ほぼ似たような条件です。それを考えると、やはり先に地元密着型の中小不動産屋から検討し、ここはというところが見付からなければ大手から選択するというのも一つの手です。
勿論、地元密着型の中小不動産屋の中から、安心して取り引き出来るところを見付けるポイントはいくつかあります。

 

免許と事故歴の確認

 

免許と事故歴の有無、これでほぼ、危ないかも知れない不動産屋は除去出来るでしょう。
何しろ、不動産屋とは言え、国家資格がなければ建物や土地の売買に関わる事は出来ません。そこで、必ず宅地建物取引業免許を取得し、その免許番号を持っています。完全地元密着型の会社の場合は、国土交通大臣による交付ではなく、都道府県知事による交付になっていますが、これについては、同一の都道府県内にしか店舗や事務所を構えていないのであれば問題ありません。ただし、5年に一度更新する必要がありますので、その回数を確認する事により、ある程度の歴史が分かります。

 

さらに、過去に問題を起こし、行政処分を受けていれば、例え免許取り消しになるほどの大事でなくても、その履歴は一般公開されています。免許番号、更新履歴、そして、処分歴は、行政庁の窓口やウェブページで閲覧出来ますので、これを参考に、めぼしい不動産屋をいくつかチョイスするのも賢い作戦でしょう。

 

業界団体への加盟状況の確認

 

不動産取引きというのは、非常に大きなお金と信頼が動きます。そこで、不動産屋としても、万一の際の損失は時に致命傷にもなりかねません。そのため、正当なビジネスを行う上で、最低限の保障を受けられるように、必ずどこかしらの業界団体に加盟し、そこで保険や法的措置を使えるようにしているのです。それにより、顧客側がトラブルに巻き込まれた際には、相談を持ち込み、適切な措置を執ってもらう事も出来る仕組みになっています。
業界団体の中には、社団法人「全日本不動産協会」や社団法人「不動産流通経営協会」など、全国規模のところもあれば、各都道府県の「宅地建物業境界」もあります。当然大手は全国規模に加盟しています。その上で都道府県規模の団体に加盟しているところもありますが、中小の中には、地元の協会にしか入っていないところもあります。けれども、これについては、先の免許と同じく、地元密着型であれば、問題視する必要はありません。
いずれの団体も、加盟にはそれなりの審査があり、厳重な規約も設けていますから、どこにも加盟していなければ怪しいとみるべきでしょう。

 

得意分野と得意場所

 

家 売るなんて今まで考えたこともなかった方も多いのではないでしょうか。
当然知識もなければ、高く売るというのはハードル高いかもしれません。
やはり専門知識の豊富な不動産屋さんに任せるのがいいですよね。
大手の不動産会社には、戸建ては戸建てで、マンションはマンションで売買する部署が異なるところも少なくありません。何故なら、それだけニーズが異なるため、ターゲットやノウハウが違うからです。残念ながら、中小の不動産屋となると、流石にそこまで明確に分けているところは稀でしょう。しかし、必ず戸建てを得意としているスタッフと、マンションを得意としているスタッフがいて、その割合が会社全体の得意分野を左右しています。つまり、一戸建てを売りたい時には、戸建てが得意な営業マンの多いところ、マンションを売りたい時には、マンションの得意な営業マンの多いところを選ぶ野が重要です。
加えてもう一つ、地元密着型ならではの得意エリアもあって、自分の売りたい物件とそのエリアがフィットする不動産屋、これがベターという事になるでしょう。
しかし、この2つについては、インターネット等だけで情報収集するのは難しい部分が否めません。やはり直接訪問し、過去の実績をしっかり確認する事が大事です。この時、はっきり応答してくれる不動産屋は、それなりの実績と自信がある事になります。
これらを踏まえた上で有力な地元の不動産屋が見付からなければ、そのエリアを得意とする大手不動産屋に目を向けられてはいかがでしょうか?